要らなくなったガラケーを処分する方法

使わなくなったガラケーはどのように処分するのが適切なのでしょうか。捨てる、売る、そのまま置いておくなどいくつか手段が考えられます。
機種変更をする際、携帯電話ショップで回収してもらったり、下取りしてもらう方法がありますが、古いものでまだ手元に残っているという方も少なくないのではないでしょうか。
携帯電話にはアドレス、写真など多くの個人情報が入っています。使わなくなったからそのまま燃えるゴミなどで捨ててしまうのは危険です。壊れていて起動しなくてもデータはまだ残っています。水没したもの、破損したもののデータを復旧させる技術も向上していますので、使えないからそのまま捨てるというのはおすすめできません。では、安全に正しい方法で処分するにはどうすればよいのでしょうか。

携帯電話ショップで回収、買取してもらうときの注意事項

携帯電話・PHS事業者は環境保護のため、またレアメタルなど貴重な資源を再利用するために携帯電話や充電器などの回収・リサイクルを行っています。ブランドやメーカーに関係なく回収してもらえるので、不要な場合は携帯電話ショップに直接持っていくとよいでしょう。今使っている携帯電話のショップでなくても、どこの携帯電話ショップに持ち込んでもかまいません。
携帯電話ショップに引き取ってもらうときには本体を初期化する、アドレス帳や発着信などの履歴、メールなどは事前に消去してから持っていきましょう。また、SDカードが入っているものは忘れずに抜いておきます。一度回収されたものは返却してもらえないので、後で慌てないためにもきちんと初期化などの対処をしてから回収してもらうようにしてください。

古いガラケーは買い取ってもらえるケースもあります

携帯電話ショップに持ち込んで回収・リサイクルしてもらえば安全に処分することができますが、一番お得なのは売ってしまう方法です。その場合、個人情報を守るためにもネットオークションなどの個人間の売買ではなく、個人情報の消去なども行ってくれる携帯電話の買取業者に売るのが安全でおすすめです。
古いものだと値段は期待できませんが、ただ回収してもらうよりはお得ですし、ものによっては意外と値がつく可能性だってあります。携帯電話ショップに持っていくよりも手間はかかりますが、余裕があれば買取を考えてみてはいかがでしょうか。
実際にお店を訪ねて買い取ってもらうこともできますし、近くにお店がない場合は買取サイトを利用する手もあります。査定価格や個人情報の消去、携帯電話を送るための発送キットの有無など、買取店によって差がありますので、一度比較してから買取を検討してみてもよいでしょう。