使い終わったガラケーはどうやって処分したらいいか

近年では、スマートフォンを使う方が多くなり、手持ちのガラケーから、スマートフォンに買い替えたいという方も増えています。インターネットを使う際には、スマートフォンに対応したサイトも増えていて、携帯電話に対応したサービスも徐々に減る傾向があり、使い勝手が悪い場合もあるでしょう。
格安スマホを利用する場合は、修理に出した場合に代替機をレンタルするサービスもないことから、まだ使える状態であれば、次に使う機種が壊れた場合を想定して、一定期間は手元に残しておき、どのように処分するか考えた方がいい場合があります。
スマートフォンに押され気味とは言え、音声通話がしやすく、電話がかけやすい携帯電話を利用したい方は多いです。適正な方法で廃棄してもいいのですが、人気の機種であれば、意外な値段で売ることも可能な場合があります。

適正な方法で廃棄するにはどうしたらいいか

ガラケーを処分するのには、地域のゴミの日に出してはいけません。市役所や町村役場のゴミ処理担当の部署に問い合わせをしても、該当する携帯キャリア会社に持ち込んで対処してもらうようにと、指示されることがほとんどでしょう。
市役所に持ち込んで回収ボックスに入れ、リサイクル処理に回してもらえる場合もありますが、できれば使わなくなった機種は、携帯キャリアの直営店で引き取ってもらうのがおすすめです。電話会社では、壊れて電源が入らない場合でも、特別な道具を使って、データが入っている基盤を壊し、読み取りが不可能になるようにしてもらえます。回収を依頼する場合に、安心して任せられます。
基盤が壊された古い携帯電話は、リサイクル処理施設に送付され、電話の内部に入っているレアメタルを取り出して、資源の再利用が出来ます。最も無駄にならない廃棄方法ですので、捨てるのであれば携帯電話会社に持って行くといいでしょう。

古い携帯電話を買取依頼するには

手持ちのガラケーの人気が高く、処分するよりも売った方がお得と思われるのであれば、買取してもらうといいでしょう。中古の携帯電話機種を扱っている店舗やショップサイトを利用するか、ネットオークションに出品する方法があります。
できれば、中のデータを消去してもらうため、店舗やショップサイトを利用した方がおすすめです。自分で携帯電話を出荷前の初期状態に戻したり、データを完全に消去したりするのは、慣れていない方でないと難しい場合があります。店舗やショップサイトであれば、データの漏洩を防ぐための処置をやってもらえる所が多いです。特に、中古機種の取り扱いサービスの業界の認定を受けている所や、個人情報の漏洩を防ぐ認証を取得している所であれば、一定の基準を満たしていることになりますので、安心して買取依頼が出来るでしょう。